本と男性

タダシップについて〜作用

頭痛の男性

タダシップをはじめ、様々な治療薬は高い効果を得られる半面、副作用がある事も忘れてはいけません。服用する人によって様々な副作用の実態と、その症状についてまとめましたので、参考にしてみてください。

タダシップの主な副作用は頭痛・潮紅・ほてり・消化不良等であり、他のED治療薬に比べると少ないことが分かります。タダシップを使用する上で注意しなくてはならないことがありますので、ご紹介しておきます。

性行為は心臓へのリスクを伴い、また、重度勃起不全患者においては心血管系イベントの危険因子を有する割合が高いと考えられるため、勃起不全の治療を開始する前に心血管系の状態に注意をはらってください。

4時間以上の勃起の延長又は持続勃起(6時間以上持続する痛みを伴う勃起)が海外にてごくまれに報告されています。持続勃起に対する処置を速やかに行わないと陰茎組織の損傷又は勃起機能を永続的に損なうことがあるので、勃起が4時間以上持続する症状がみられた場合、直ちに医師の診断を受けるようにしましょう。

タダシップは催淫剤又は性欲増進剤ではないので、性的興奮がない限り勃起することはありえません。投与後に急激な視力低下又は急激な視力喪失があらわれた場合には、服用を中止し、速やかに眼科専門医の診察を受けるようにしましょう。臨床試験において、めまいや視覚障害が認められているので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には服用を控えましょう。

タダシップを購入しても効果が得られないという方がいらっしゃいます。ただしこれはタダシップに効果がないというわけではありません。タダラフィルの服用4回目までは効果が見られる方が増えることが報告されていますのでもう数回は服用して試してみましょう。