本と男性

タダシップ通販のしくみ

考える女性

ED治療薬を販売する海外医薬品の通販サイトは、タダシップをはじめ様々な医薬品を取り扱っています。これは、日本では手に入れられない薬剤を入手できる魅力がありますが、それらの薬はどのようにして消費者の元へ届けられるのでしょうか?

クスリを海外から輸入する…。一見、違法な事のように感じてしまう方も少なくはないのでしょうか。事実、巷では海外からによる違法ドラッグなどで新聞の記事を賑わしていますが、これも一概には言えないんじゃないか。そう思うのではないのでしょうか。

じつはこの海外からの輸入行為。厚生労働省が定める『薬事法』というものに沿って運営されており、通販サイトとして営むにはそれらの厳しい審査を受けなければならないのです。また商品においても、税関のチェックが入るため安心・安全に通販で医薬品を入手できるといえるでしょう。

そのしくみとしては、ユーザーが通販サイトから商品を購入し、運営サイトは海外の製薬会社に発注を掛けます。それを受け、海外の製薬会社が商品を梱包、空輸にて商品が発送されます。そこから、日本へ入国し「税関」を通して物流にてお客様宅へ商品が届けられるといった流れとなるのです。

ここで理解して欲しいのは、商品が届くまでに時間がかかるという事です。以上の工程を経過するにあたり要する自時間は、平均で一週間から二週間が平均と言われています。また、海外製薬外側の発送するタイミングにも左右されるため、それ以上の時間がかかってしまう事もあり得るのです。つまり、早急に医薬品を手に入れなければならない場合において、海外医薬品の通販は向いていないと解釈できるでしょう。また継続して飲み続けなければならない医薬品の場合は、薬の無くなるタイミングと、商品が届く時間を考えて購入しなければなりませんので、注意が必要です。